盗聴器について理解する!

 日本の犯罪の発生率は、欧米化するとテレビの番組で報道されていたのを覚えています。今ではその言葉通り、日本の犯罪はとても多くなり数多くの事件が多発するようになりました。その中で、「ストーカー」といった行為が頻繁に増えたといます。ストーカーとは、ある特定の人物に付きまとったり待ち伏せを行う行為で、これも立派な犯罪となります。傾向としては、好意をよせていたり嫌がらせといった理由が原因なのですが、ストーカー行為といってもさまざまなものがあり、被害に遭っている人にとってはたまったものじゃありません。その中でも自宅に「盗聴器」を仕掛けるストーカー行為は、日常の生活音を全て相手に筒抜けということになるので、十分に気をつけなければいけません。そこで当サイトでは、近年増え続ける犯罪行為に使われる盗聴器について情報を集めてみました。盗聴器について学べば、その対策方法も見てくるというものです。あなたのお家にも、もしかしたら盗聴器が仕掛けられているかもしれません!まず、こちらの情報に目を通してみてはいかがでしょうか?

※なお、当サイトに記載されている内容は、個人で集めた情報を私なりの解釈で掲載しているものです。
記載した情報に誤りがある可能性も否定できませんので、その点ご了承下さい。

「盗聴」の意味とは

 「盗み聴く」と書いて盗聴となるこの言葉。一般的なイメージは、探偵事務所が使用している道具でしょうか?探偵七つ道具の一つにも含まれることの多い盗聴器は、まさに他人の会話を盗聴するのに効果的なアイテムといえます。では、ここでちょっと盗聴の意味を考えて見ましょう。盗聴とは文字通りの、盗み聴く行為のこと。では、ここで一つ質問。もし、あなたが電波を受信する道具を持っていたとして、偶然にも他人の会話を拾ってしまったら、これは盗聴になるのでしょうか?いえ、この場合、正確には「盗聴」ではなく「傍受」になります。意味やさまざまな電波が日本中を飛び交っています。テレビの電波や形態の電波など、至るところに電波は存在するのです。そのため、その電波を受信して会話を盗み聴きしたとしても、それは傍受になるのです。何だかややこしいのですが、言葉の意味としてはこうなります。

 では、「盗聴」の意味とは?電波を受信して会話を盗み聞きしても傍受なら、盗聴はどのような場合に該当するのか?それは「ある目的の為に特定の場所に盗聴器を設置して、そこから発信される電波を受信して盗み聞く」行為こそが、「盗聴」になるのです。特定の人物の会話を聞くために、盗聴器を設置して故意に行えば盗聴ということになります。この盗聴行為が、ストーカー行為の一部として多く使われているのです。主に盗聴器が設置される場所は「電話機」ですので、ちょっと電話が聴きづらいとか雑音が入るといった違和感があるのなら、用心した方がいいかもしれません。あなたの会話、誰かに聞かれているかもしれません。

 ただ、電波を受信して会話を聞けば「傍受」。特定の相手に対して、会話を盗み聞くために発信機を設置して電波を受信し、そこから会話を聞けば「盗聴」です。この言葉の違いを理解するだけでも、盗聴についての恐ろしさが十分分かるのではないでしょうか。盗聴行為は、盗聴器を使う方法が一般的です。盗聴器について知ることで、防犯対策としての効果が期待できますのでぜひ覚えるようにしましょう。

Valuable information

流行のレディーススリッポン
http://www.guitar-sheep.com
スマートフォン 買取
http://kaumobile.jp/
ナチュラルなカラコン
http://karakon-qunqun.info/
和室の雰囲気に合う椅子
http://www.hoshodo.net/
定番のお祝いフラワーギフト
http://www.myodo-k.co.jp/

Copyright (C) 2008 盗聴器解体新書. All Rights Reserved.